会社概要

 

◆豊富な製作経験

弊社は製造業者として、創業以来40年以上も経ちました。信頼できる品質と合理的な価格を兼ね備える商品が顧客に提供できるために、我は全精力をつぎ込んでおります。今後とも豊富な製作経験を活かし、顧客の満足度を追求して参ります

顧客に対して謙虚に接する態度

弊社は顧客を友人として接する態度を取っており、社員が優しい心と謙虚さを持っていることは大切だと思っております。顧客が弊社から商品のほかに、楽しい経験も得られることを望んでおります。

OEM生産

弊社ではOEM依頼を承っております。我は顧客のアイデアとデザインを実現させることができるうえに、商品品質を顧客の期待とリクエストに応えられるよう努力しております

FOGIMは顧客からの信頼を得ながら、進歩し続けてきたLCDアームテレビマウントの専門メーカーとして、あらゆるニーズに応え、高品質かつリーズナブルな価格でLCDモニターアームLCD壁面マウントLCDテレビブラケットLCDテレビ天吊り金具をお届けしています。さらに情報が必要な場合は、遠慮なくご連絡ください。


主要製品:

LCDモニターアーム
LCD壁面マウント
LCDテレビブラケット
多画面LCDモニターアーム
LCDテレビ天吊り金具

 

proimages/Company_Profile/line.gif

 

沿革

 

1978

台北県新荘市にガス・スプリングを主要製品とする工場「政鋼機械工業有限会社」を設立。

1986

マッサージいすのフレームの生産を開始。

パソコン・デスクの生産を開始。

オフィス・チェアの生産を開始。

1988

メカニカルロックの生産を開始。

1991

工場を林口に転移。

1997

工場を台中に転移。

2000

バス用電動モーターの生産を開始。

バス・チェアの生産を開始。

パソコン・デスクの産量はクライマックスに達する。

2001

モバイルオフィスカートの生産を開始。

アメリカのメールポストの生産を開始。

2004

バス用非常口の生産を開始。

2005

9月に営業事業を担当する「楓謹実業股份有限公司」を設立。.

液晶モニターアーム、及びガス・スプリング・ストッパーを開発生産。

車椅子フレームの生産(OEM)を開始。

2007

 ベッドリフトヒンジの受託生産をはじめて、量産をしていく。

2009

楓謹実業股份を桃園県亀山に転移。元台中工場運営続く。

楓謹は業務及びマーケティングを担当する。

桃園工場はガススプリング、ガス・スプリング・ストッパー、メカニカルロックなどの生産製造及び開発をする。

台中工場はモニターアーム、液晶テレビ壁掛け金具、液晶テレビ及びプロジェクター天井吊り金具などの生産製造及び開発をする。

2010

新商品-オイルダンパーを開発し、大量生産し始めた。

2011

新商品-電動ベッドフレームを開発し、大量生産し始めた。

2014

 12月に車いすフレームの生産ラインを政社より、楓謹社へ移転

社も新工場へ移転。 

2015

オイル・ストッパーとステンレス・スチール・ストッパーの試作品がテスト済み。新しいヒンジを開発し、量産し始めた。